【感想】(2019年2月20日追記)6話 守り子唄の巻・下 TVアニメ『どろろ』 百鬼丸が見たミオの魂の色は透明だったのか

夜のミオを見たどろろ。そして、痛み分けとして『右足』と『声』の等価交換をした百鬼丸。何かを得るには、何かを失うしかないのだろうか。未来を求め、戦い続ける第6話。

職場でのカラオケを避け続けた隠れオタクがおすすめする一般ウケ曲

カラオケほど、楽しさが一緒にいる人に左右されるものはない。 一般曲が歌えない隠れオタクが職場のカラオケに参加してしまった。 ドラマ版『トクサツガガガ』で、特撮オタクゆえにカラオケの歌う曲がない仲村叶の状況と同じでは?と楽しむ感覚があったのは…

特撮のDNA 〜怪獣王ゴジラが僕らの心をこれでもかと進撃する〜

東京都 蒲田に再びゴジラがやってきた。 『シン・ゴジラ』をはじめ、今までのゴジラの撮影品やスーツの展示、圧倒的物量で怪獣特撮に迫る品々。 その名も「特撮のDNA」

【感想】(2019年2月14日追記)5話 守り子唄の巻・上 TVアニメ『どろろ』 聞こえる世界の苦しみを叫ぶのは

盲目にしか見えない魂の炎の色だけだった人や自然に音がつき、情報の波に溺れる百鬼丸。 そんな百鬼丸がどこか、耳に心地良さのようなものを感じる音源に近づく。そこにはミオがいた。 百鬼丸とミオの出会い、苦しみ、光を求めるも重たい第5話。 第6話の感想…

【感想】2019年 最初が大事な1月の読書記録とおすすめ本

2019年からやりたいことの一つに、読んだ本の記録をつけたいと…! そんなことから始まる記念すべき第一回。 毎月の読書記録と併せて、その中のおすすめしたい本を紹介したい。 最初に今回のおすすめ本。次に読んだ本の簡易感想です。

【感想】4話 妖刀の巻 TVアニメ『どろろ』 雨と悲しみの鶴の二重奏

雨宿りをするどろろとは対照に、どこか雨を感じている百鬼丸。 顔の皮膚と感覚を取り戻した、はじめての雨粒なのだろうか。 同じ場所で、戦に行った兄が戻るようにと祈る行商人のお須志。 突然、百鬼丸は赤い炎の悪意を感じる。 眼前にあったものは切り捨て…

【感想】3話 寿海の巻 TVアニメ『どろろ』 贖罪の寿海と百鬼丸のルーツ

強烈な色彩で描かれる寿海の暴虐さは、主君の命令とあれど敵も己の心をも切り刻んでいた。 そして、妻と思われる人物を戦でなくし我に帰り、海に身を投げる寿海。 白黒の色彩を過去で表し、現実をカラーで表す『どろろ』第3話。 百鬼丸と弟子のカナメが寿海…

【感想】2話 万代の巻 TVアニメ『どろろ』 魂の炎の色は何色なのか

(2019年1月22日更新) 泥鬼を倒し、顔の皮膚を取り戻した百鬼丸。 百鬼丸を使い、どろろは金儲けを考える。 そこにバケモノ退治の依頼をしている万代という村があった。 万代の巻 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る どろろと百鬼丸の意思疎…

【感想】多々良島ふたたび 7人の怪獣が織りなすウルトラアンソロジー小説

初代ウルトラマンやセブン、平成ウルトラマンやウルトラQをはじめとする本編の続編や作品の番外編を匂わせる作品たちに心が躍る。 各挿絵も物語に色をつけ、読者を引き込む。 知らない怪獣はGoogle先生が大抵は教えてくれることもあり、描写の手助けをしてく…

【感想】TVアニメ『どろろ』 1話 醍醐の巻 新たな百鬼丸は何を感じるのか

『どろろ』を知ったのは、学生のころだった。 武将である父親が天下統一という力の代償に、生まれてくる自分の子どもの目や鼻、声帯、内蔵、腕というあらゆる身体の部位を魔物に明け渡した。 失われた身体を取り戻すために戦う百鬼丸。 身体を奪った妖怪や魔…

花粉症と鼻炎の助っ人 ~その名はハナノア~

花粉症等で鼻の調子が悪いあなたへ ハナノア! ハナノアの液体を専用ケースに20mlを入れて君の鼻に液体を注ぎいれろ!

~さよなら2018年 ようこそ2019年~

あけましておめでとうございます。 ボクシカです。 お正月も終わりが見えかけ、今年も始動するんだなぁと感じながらも、休みよ続け!永遠に!!と祈るばかりです。 そんな当ブログも、開始してから半年が過ぎたみたいでして。 とはいえ、本格的に書き始めた…

【感想】ハリネズミの願い 友達っていいよねと改めて認識できる大人への物語

究極の取り越し苦労の物語 相手のことを考えるも、自分の心が傷ついて。かといって、もう一人でいいやと考えると孤独に押し潰されそうになる。 しかもその取り越し苦労で、自分をまた追い詰めてしまう。 そんな体験一度はあるはず。 マーベル・シネマティッ…

【感想】パンダ探偵社 変身病のパンダ男と冷静沈着な先輩による二人の探偵

もし、あなたのスマホやPCを操作している指が犬や猫の手になったらどうする? 体の一部がパンダになったらどうする? 見た目は変化しなくとも、笹だけしか美味いと感じなくなったらどうする? それは、変身病だ。

隠れ特撮オタクが職場の同僚にバレないようライダー映画を見る

『仮面ライダー平成ライダージェネレーションズFOREVER』を公開初日の初回を予約した直後に、隠れ特撮オタクにとって危機的事態が訪れた。 職場の同僚 「いや~今度公開するライダーの映画、初日の初回の時間に予約したんですよ」

ネタバレVS隠し通す映画広報

ネタバレとの戦いは避けられない。 (2019/01/24更新) 現代のSNSやインターネットの情報社会、映画館内での会話等を含めると危険は多い。 先日、『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER 』のマイナビニュースによるネタバレがあり、ちょっとした話題…

【感想】(2019年3月13日追記)12話(最終回) 覚醒 SSSS.GRIDMAN 君を救いにきたヒーロー

アカネを救ったグリッドマンはハイパーワールドに帰り、アカネが現実に覚醒するという物語でエンディングを迎えた。 もしかしたら、続編や映画もあるが、個人的には新条アカネの物語として完結しているため、この終わりが良いと思う。 しかし、残った謎に関…

【感想】仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER あなたの仮面ライダーはここにいる 

// 空っぽの星から始まった平成ライダーが繋いできた物語は、どこに向かうのか。儚くも消えてしまうのだろうか。 だが、僕らの仮面ライダーがそこにはいた。当時の仮面ライダーが出演しているのではなく、僕らの記憶の中にある平成ライダーがいた。今回は特…

【感想】『来る』 全てに目を背けるな

見た、そして来た。 鑑賞後の余韻や謎が残る傑作。パンフレットも即購入するほど。 ネットやTLでは、ホラー版シン・ゴジラという口コミを見て、興味が沸きました。 ホラー的演出やちょっとグロいシーンもありますが、テーマは虚構と現実。 見えない心と見え…

【感想】11話 決・戦 SSSS.GRIDMAN 日常というベールを剝がした世界と僕らの役割

// アカネに刺された裕太ことグリッドマン。 リセットされない世界の中、再生怪獣たちが街を蔓延る11話『決・戦』。 「SSSS.GRIDMAN 第11回 決・戦」ご視聴ありがとうございました。脚本:長谷川圭一さん 絵コンテ&演出:中園真登さん 総作画監督:坂本勝さん …

【2018年 おすすめ】年間50冊の本を読んだ僕によるおすすめ本ランキング TOP5

// 2018年もおすすめ本ランキングを決める時期に…! とは、言いますが毎年地味に自分で勝手にランキングはしていました。 ただ、ブログ等で公開していなかったため、初公開です。

【感想】未来職安 1%の労働で成り立つ未来の世界 

// 今(2018年)、日本の人口は何人か知っていますか。 答えは、約1億2650万人。15~64歳で労働ができ、生産活動の核となる人たち労働を行う生産年齢人口は、約7558万人。総人口の約60%が働いている構図だ。 もし、その構図が働かない人が99%で、世界が今…

【感想】10話 崩・壊 SSSS.GRIDMAN 終わりのはじまりとグリッドナイト

// 終わりのはじまり。いきなりフルパワーグリッドマンというのも、特撮あるあるで負けたりしがちで、どこか暗雲が漂う。 そんな雰囲気のSSSS.GRIDMAN 10話『崩・壊』

【感想】東京コミコン2018レポ ~楽しさってなんだろう~

// 東京コミコン2018の12月1日(土曜)の2日目に友人と初参加しました。 展示エリアやガーディアンズオブザギャラクシーのレイヤーの方と一緒に写真を撮ったりとオタクオタクしい一日を過ごせて、楽しかったです。 ただ、いろいろ思うところはあって…(これ…

プライバシーポリシー・お問い合わせ

『ボクトケーション(https://www.bokuto10.com/)』 (以下、当サイト)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなしますので、ご了承ください。 広告の配信、商品リンクについて 当サイトは「Googleアドセンス」(第三者配信事業者)の…

【感想】9話 夢・想 SSSS.GRIDMAN アカネにとって最適化された夢とパワードゼノン ネタバレあり

// あれ、今回は9話のはず… 僕は1話を見ていた、いや違う。 本当の1話で裕太が記憶喪失直後に会うのは、アカネではなく、六花だ。 今回は、裕太、内海、六花らがアカネにとっての最適化された夢の世界に送り込まれる。その夢に誘うのが、今回の怪獣。

【雑談】Ok Googleが助けてくれた ~愛犬史上最大の噛みつき編~

// 愛犬に噛まれた。 もうそれは、深く深く。 以前も遊んでる際、稀に噛まれることはあったのだが、史上最大級の力で噛まれた。 人差し指の第2関節付近を鋭い犬歯で深く深く。 止まらない血。止まらない痺れる鋭い痛み。

最短7話で振り返る「電光超人グリッドマン」履修コース ~SSSS.GRIDMANをより楽しむために~

// SSSS.GRIDMANの原作を知っていたのが、もっと楽しめるのでは? そんな疑問から早すぎた原作の『電光超人グリッドマン』の全話視聴が開始した。 今作と原作に明らかな繋がりがあり、物語にも少なからず関わってきそうな匂いがしている。

【感想】8話 対・立 SSSS.GRIDMAN フルパワーグリッドマンと揺れる六花 ネタバレあり

// だんだんと、一週間が待ち遠しくなる。SSSS.GRIDMAN第8話は文化祭を背景に、登場人物が対立する。 対立関係や新世紀中学生やアンチやらいろいろ語るのですが、先に今回の「フルパワーグリッドマン」について。

【感想】Google Pixel3 VS iPhone5S 

// iPhone5Sは、スマートフォンとして、一つの完成形だ。 手になじむ形、スマートフォンに必要なスペック、ホームボタンといった全てが美しいバランスだ。 そんなiPhone5Sも、共に4年間以上生活を続け、Google Pixel3に乗り換えた。 乗り換えてからの生活も…