ボクトケーション

君と僕による話のネタ置き場

~さよなら2018年 ようこそ2019年~

f:id:boku-shika:20190102173205j:plain

あけましておめでとうございます。

ボクシカです。

 

お正月も終わりが見えかけ、今年も始動するんだなぁと感じながらも、休みよ続け!永遠に!!と祈るばかりです。

 

そんな当ブログも、開始してから半年が過ぎたみたいでして。

とはいえ、本格的に書き始めたのは10月頃からなのでそんなに経った感覚はなく。

 

 

はじめた頃と比較すると、見にきていただいている方々が増え、ありがとうございます。

 

2018年の出来事

 

2018年として一番大きいのが、12月にはてなブログProにしたことです。

 

独自ドメイン前に、2週間ほど1000PVを安定して越えてました。

Proの初期費用をカバーできるため、Proにしてもいいのではということに至りました。

 そもそもブログの収益化まで、もっと時間がかかるものと思っていたので嬉しい限りでした。

 

しかしここからが、地獄のはじまりでした。

 

平均1000PVから平均20PVまでに下がりました。

独自ドメインの引き継ぎやドメインパワーが戻らないのか、そもそも一部の記事が流行的に見られただけなのか。

その原因や事態を予測出来なかった僕がいけないのですが…

 

今は平均200PVで、見てくれる方の8割以上が検索流入です。それは平均1000PVの頃から、検索流入だったので、今後もその流れに乗っていきたい。

実はGoogleアドセンスも審査が通りました。ありがとうございます。

 

ただ、自分の好きなことの1つ、『本』でコメントもらったときにはめちゃめちゃ嬉しかったです。

SSSS.GRIDMANでも反応を頂いたりと感謝しかないです。

   

2019年の目標

 

1.毎月の読書報告記事

 

去年は50冊以上の本を読めたので、今年は60冊の本を読みたいと考えています。

また月ごとの報告記事と毎月一冊は感想記事を書く予定です。

 

現在は、横浜駅SF全国版を読んでいます。

原作の外伝みたいなかんじです。

 

横浜駅SFは、日本の99%がなぜか増殖してしまった横浜駅に飲み込まれた世界のお話です。自動改札君、銃や捕らえるためのワイヤーを装備してたりと強いし怖い。

横浜駅SF (カドカワBOOKS)

横浜駅SF (カドカワBOOKS)

 
横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)

横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS)

 

 

マンガのメディア展開もしていますので、良ければ。

2019年1月2日現在、公式での配信で全話読めます。

web-ace.jp

 

本にもよりますが2時間あれば、200ページの量はしっかりと読めるようになりました

多ジャンルを貪ったおかげで、読むスピードが上がりました。

本の世界に入り込むときは、めちゃくちゃ遅いです。

 

2.ドラマや映画やアニメの感想

 

映画、アニメ、特撮は記事を書いていたので、継続していきます。

 

アニメでは、『どろろ』が楽しみ。

はじめて知ったのが、『来る』でも出演していた妻夫木聡さんによる映画版どろろ。

学生の頃に、どハマリして、原作を読むほど。

 

www.bokuto10.com

 

ドラマでは、『トクサツガガガ』

ただ、トクサツガガガに関しては見ること自体が、身バレがガガガなため、公式での動画サービスで配信してくれることを祈るばかり。

www.bokuto10.com

 

もう一つはまだ秘密なので、感想記事を待っていただければ。

 

特撮は『仮面ライダージオウ』の熱くなった話があったら書こうかなあと。

鎧武だと40話の『オーバーロードへの目覚め』が最高に熱くて好き。

 

映画では、『アベンジャーズ ラストゲーム』や『キャプテンマーベル』のビッグタイトル以外にも、単独作品で食指が進むものがあったら摘んでいきたいと考えています。

 

目指せ100記事

 

今年の目標として、ブログ全体として、100記事を目指します。

ブログあっての生活でなく、生活あってのブログなので、そこは履き違えないように注意したい。

 

ブログのデザイン変更

 

Proになってから、知らなかったんですが、デザイン変更するのが重要みたいですね。ぶっちゃけるとデザイン変更面倒だなぁと思いつつも、他の人のブログ見てると『見やすさ』が違うんですよね。

記事書くことのが好きなんですが、デザイン変更も最適化していきたい。

 

最後に

 

文章力をもっと伸ばして、みんなが読みやすく『娯楽』の一つの選択肢として選ばれるようにしたいですね。

見てくれる人があっての当ブログですので、今後もよろしくお願いします。